初めてのレンタカーでもカンタン手続き

旅行などへ行った際や、マイカーを持っていない時などにレンタカーを利用する場合初めてだとなかなか借り方が分からない人も少なくありません。更にレンタカー会社は沢山あり、どこで借りたらいいのかも迷ってしまうでしょう。そんな時にどのようにレンタカーを借りれば良いのか、どのように車種など決めれば良いのかをお教えしますので参考にして下さい。先ずレンタカー会社の選び方ですが、これは料金の安い高いや車種がどの程度あるかなどで決まってきます。もし希望の車種が予め決まっていれば、それを取り扱うレンタカー会社を利用するのが一番です。しかし特にこの車種がいいという希望がないのであれば、借りる時間とそれに対する料金で選ぶのが一般的な方法です。短時間しか必要ないのなら短時間貸しを売りにしているレンタカー会社が最もお得になります。

レンタカー車種選びは乗車人数と時間から

では具体的に車種を決める際に、希望が特にない場合の基準はどうすれば良いのかというと、乗車人数と乗車時間が目安となります。例えば乗車人数が5人で、2時間ほどしか乗らないのであれば軽自動車やコンパクトカーでも全く問題はありません。ですが同じく乗車人数が5人であっても、2泊3日の旅行中にずっと車移動の予定などの時は、荷物5人分なども加わってきますのでそういうわけにはいきません。その様な場合は乗車人数よりも余裕のある7人乗りなどを選ぶといいでしょう。更にレンタカーでも子供連れの場合はチャイルドシートやジュニアシートを装着する事ができます。こちらはオプションになりますが左程高い金額ではないので、家族で利用するなら必ず装着するようにして下さい。また、装着を勧めないレンタカー会社から借りてはいけません。

レンタカーを借りる時には保険をしっかり

レンタカーを借りる時には標準で保険や補償が付いてきます。保険の内容は対人補償に対物補償、車両補償と人身傷害補償です。これらをしっかり装備していなければレンタカーを借りる事はできません。更に先述の通りでもありますが、チャイルドシートなどは6歳以下を乗せる際も装着する事も、法律上の義務として決まっているのでこちらも守らなければ借りることができないものになります。初めて借りる方は、それ以外にも心配事が沢山あるかも知れません。例えばタイヤのパンクやバッテリーが上がってしまった、鍵を中に入れたまま閉めてしまったなど起きてしまいがちなトラブルなどです。こういったレンタカー初心者に起きがちな心配事を先ほどの保険とセットにして、コースとして装備できるタイプなどもあるので、万が一と思う方はそちらを選ぶ方が安心と言えます。