レンタカーを借りる際に気をつけたいこと

大人数での遠出や、連休中のお出かけなどに便利なレンタカーですが、初めて利用する方には分からないことがたくさんあります。では、レンタカーを借りる際、どんなことに気を付けたら良いかというと、まず、借りる前に車の状態をしっかりと確認すること、自分がつけた傷か、前からついていた傷かを見分けるためにも、しっかりとチェックしましょう。次に、基本的な車の操作について営業所に確認しておきましょう。慣れない車では、ガソリンを入れる際のタンクの開け方、ナビの操作方法など、戸惑ってしまうことがあります。そして、返却可能時間を確認することも重要です。返却時間をオーバーすると延長料金がかかってしまうので、慣れない道で迷ったりして、返却時間に遅れないよう、余裕を見て行動しましょう。返却時は、ガソリンを満タンにして返却することも忘れないようにしましょう。

レンタカーを借りる際の流れと必要なもの

レンタカーは当日でも空きがあれば借りることは可能ですが、連休前などは人気の車種を借りられないことや、空きがなくなってしまうこともあるため、予約することをおすすめします。予約方法は、店舗への来店の他、電話やインターネットでも予約することができる会社が多いです。レンタカーは説明や手続きなど、時間がかかるため、車を取りに行く際も余裕を持った時間に行きましょう。予約をキャンセルする必要がある場合は、キャンセル料がかかることがほとんどで、キャンセル日が予約日に近くなるほどに料金は高くなってしまいます。キャンセル料については、お店によっても違いますので、お店に確認しましょう。レンタカーを借りる際は、運転免許証が必要になりますが、これは、申込者だけでなく、運転する方全員分の運転免許証が必要になり、これがないとレンタカーを借りることができないため注意しましょう。

レンタカーの保険の補償内容について

レンタカーを使用する際には保険や補償内容にも注意しましょう。自動車保険は、レンタカー会社が加入しており、保険料は、レンタカー利用料金に含まれていますが、対物補償、車両補償いついては免責額があり、免責額内の損害については自己負担になります。しかし、レンタカー会社によっては、追加のオプションで、免責補償制度を設けている会社もある為、運転に不安のある方は加入することをおすすめします。この自動車保険ですが、内容によっては補償されない場合があります。ドライバーの交通違反や、申告者以外の方が運転していた場合、契約時間を連絡せずにオーバーしている時や、タイヤの損傷も車両保険が適応されません。しかし、ドライバーが他の自動車保険に加入している場合は、その保険から補償される場合もあるので、トラブルの際は慌てずに確認しましょう。