しっかり把握したい初めてのレンタカー料金

レンタカーを借りる際に最初に気になることは、利用料金です。レンタカーの料金体系とはどうなっているのでしょうか。最初に基本となるのが、車両自体を借りる料金です。レンタカーの基本料金には、任意保険、保守点検、そして整備費などが含まれています。基本料金は、車の種類や用途、車種によるクラス分けを基本として決められています。この車による基本料金は、時間と日数で料金設定がされています。当然、借りる時間が長いほど1時間毎の料金は下がっていきます。その他、カーナビやチェーン、チャイルドシートなどがオプション料金として加算、乗り捨て料金、免責補償に加入することで発生する料金などで金額が上乗せされていきます。支払いのタイミングは先払いで延滞してしまった場合はその分を返却時に清算します。連絡無しの延滞になると、違約金の支払いがあるので、遅れる際は必ず連絡しましょう。

初めてレンタカーを借りる時の手順について

レンタカーを借りる時は、まず予約をします。そして希望する車を借りることになります。飛び込みで借りることもできます。しかし、連休直前などは人気の車種は予約で埋まり、車種が限定されることもあります。どんな車でも運転でき、車は何でも気にしないという人でなければ、先に予約した方がよいでしょう。予約は直接店舗でも予約センターでも可能ですし、電話でも受け付けています。今は、ネットや携帯で簡単に予約できるようになりました。レンタカーは一種の契約行為ですので、業者はその重要な事項を説明する義務があります。契約書の作成、そして車両のチェックなど、初めての場合は意外と手続きに時間を要します。そこで、予約時間より早めに出向きましょう。予約から一定時間経つと予約取り消しになる場合がありますので、時間は厳守です。

レンタカーの返却と保険等の注意点

返却方法と保険についての説明です。借りた車両のガソリンを満タンにし、借りた営業所に返すことが基本事項になります。返却の場所ですが、同系列の営業所への返却や、乗り捨てができる店舗も存在します。また、例えば車を使って営業所まで行き、レンタカーに乗り換えて出かける場合は、車を預かってくれるサービスがあるかどうか確認しましょう。また保険についてですが、自賠責に入っていないレンタカーはないと思いますが、任意保険は業者によってそれぞれ条件が異なります。どういった条件で車を破損した時に免責が適用になるのかを、必ず確認しましょう。更に保険は契約者に対して適用されますので、もし同車する人が運転する予定があるなら、その人も必ず登録します。そして最後に出発前に携帯のカメラで構いませんので、車体を正面、右、左、後ろの写真を撮影しておきましょう。始めからあった傷か自分が付けた傷かを明確に区別するためです。