わかりやすい初めてのレンタカー

旅行や出張などに出掛ける際、レンタカーは便利なサービスです。特に行先が複数カ所ある場合、公共交通機関を乗り継ぐよりも割安になることもあります。時間の融通も利き、何より自由で快適です。予約の仕方やトラブル時の保険に不安があって利用出来ずにいるとしたら、勿体無いと言わざるを得ません。ほとんどのレンタカー会社は保険や補償もしっかりしており、安全に利用が可能です。トラブル時は業者が加入している保険が適用されるため、個人で保険に入る必要はありません。運転免許証さえあれば誰でも簡単に車を借りられます。この機会に車の借り方を覚え、このサービスを活用出来るようになりましょう。ここでは初めてレンタカーを借りる方に向けて、車を借りる際の流れや、気になる保険・補償について説明します。

レンタカーを借りる際の大まかな流れ

レンタカーを借りるには、まず会社を選ぶことから始めます。特に初心者の方に言えることですが、出来るだけ大手の会社がおすすめです。これは大手ほど保険や補償のカバー範囲が広いと考えられるためです。会社が決まったら、電話やインターネットで予約を入れます。最低限伝えるべきなのは借用日と返却日、ワンウェイシステムやオプション利用の有無です。ワンウェイシステムとは片道だけの乗り捨ての利用のこと、オプションはカーナビやETCなどの付属サービスのことです。さらに希望の車種があればそれも伝えます。数日から一週間前程度のタイミングであれば、希望した車種を借りられることがほとんどです。予約が出来たら、あとは当日ショップに赴いて車を受け取りましょう。この時、車はガソリンが満タンの状態にされているはずです。マナーとして、返す際もきちんとガソリンを補充しておきましょう。

レンタカーの保険と補償について

レンタカー会社は保険で選ぶべし、と言っても過言ではありません。特に初心者は大手を利用した方が良いということは既に説明した通りです。レンタカー会社はすべての車に保険を掛けています。利用料金はその保険料を含んだ額に設定されているため、保険料を別途支払う必要はありません。注意したいのは、補償の限度額です。ほとんどの業者では対人補償と対物補償を無制限にしていますが、稀にそうでない会社もあります。よく確認して選ぶようにしましょう。なお、車両補償は時価額、人身傷害補償は3,000万円が一般的です。業者によっては、さらに手厚い補償を受けられる免責補償制度というサービスも存在します。免責とは要するに自己負担分です。補償が利くトラブルでも、免責額として5万円から10万円程度の支払いを求められる場合があります。免責補償制度は1,000円前後でこの支払いを免除してくれるため、積極的に利用したいシステムです。

ご出発時刻の2時間前なら当日予約も可能です。 ガソリンスタンド併設店舗ではお戻り時に店舗で給油を行うことも可能です。 安心と安全をご提供し、快適なドライブができるように。 お手頃な利用料金を実現、もっとも身近なレンタカーでありたい。 お客様の心を満たす、そんな接客を心がけています。 会員登録は、PC・スマホでカースタレンタカーのWEBサイトから、コールセンターや店頭でも受付しております。 レンタカーをお探しならこちらのサイト