京都で転職をする時のポイント

1年の中でも、異動や配置換えなど社会人にとって大きな動きが出る時期がいくつかありますね。

多くの会社では4月や9月がそれに当たると思います。

特に4月は、就職をしたり新しい会社あるいは職種に転職したり、大きな節目になる頃です。

私の周りでも、新年度から別の部署に異動した人や転職した人が数人いました。

異動の場合は思ったところに行けるとは限りませんが、自ら新天地を求めていく転職の場合は望む場所で仕事を探すことができます。

人気のある都市は色々とありますが、関西地方であれば京都なども良いですね。

観光地としても人気はありますが、様々な人が集まる場所でもありますから色々な仕事もありそうです。

例えば、大手企業でいえば血圧計のような健康医療機器でも有名な企業や下着メーカー、ロボットでも有名な電子部品メーカーなど様々な企業の本社が京都に集まっています。

さすが、関西の大都市ですね。

業種も様々にありますし、京都のように長い歴史をもつ都市であれば、職人を目指している人にとっても魅力的な場所でしょう。

もし、転職を考えている人は京都も視野に入れてみても面白いかもしれません。

一生同じ会社で勤めあげる人もいれば、あるタイミングで転職しキャリアアップに挑戦する人、あるいは京都で職人に弟子入りする!

京都のお寺で僧侶になる!

など、全く新しい分野に飛び込んでいく人もいるでしょう。

いずれにしても、初めて就職した時と同じように転職のための活動、いわゆる「転職活動」

を行う必要があります。

大学生の就活の時には様々なノウハウ本があったり、対策マニュアルが出回ったりしていたので熟読したという人も多いと思いますが、転職の時にもきちんとポイントを押さえて活動することが大切です。

そのポイントはいくつかありますが、まずは目的をはっきりさせておかなくてはいけませんね。

なぜ前職を辞めて新しい会社、職業に就こうと思っているのかを他人に対してきちんと説明できなくては、例えば面接の時にも熱意が伝わらないですよね。

仕事の内容なのか、勤務地なのか、それとももっと強烈な体験からくるものなのか、自分の中でしっかりまとめて説明できるようにしてください。

転職を京都でするならコチラのサイトへ

レポートを書くイメージで紙に書き出しながら整理するのも良いかもしれませんね。